低燃費時代を切り開く 「バッテリー技術」&「充電制御」
     燃費向上・ガソリン代節約 エコ塾
 HOME > 近年の低燃費車、開発のミソは「バッテリー関連」!


    近年の低燃費車、開発のミソは「バッテリー関連」!


      ここ近年は、低燃費ブームとも言える低燃費自動車の開発ラッシュ!
      軽自動車をはじめ、コンパクトクラス、ハイブリッドカーまで、急速な勢いで
      「低燃費化」が着目されています。

      ハイブリッドカーは別格としても、従来のガソリン車の新技術として、「バッ
      テリー」の充電制御による低燃費化の開発が進んでいるのはご存知でし
      ょうか〜?
      「バッテリー」への充電はエンジンへ負荷が掛かる・・・という事実から、い
      かにエンジンに負荷を掛けずにバッテリーを充電し(※1)、電圧の安定を
      させるか・・・というのが開発の主のようです。
       ※1 ・・・バッテリーの充電量を把握し、車両側の発電量を制御する装置

      以前から私が着目している 「エネルギーと燃費」の関係と同様に、効率よ
      くエネルギーを使って燃費を向上させる・・・という技術ですね〜 ^^

      さらに、この技術の進化に対応させるかのように開発されているのが「バ
      ッテリー技術」なんです!
      電気を発生する側がいくら良くなっても、電気を受ける充電池(バッテリー)
      側がイマイチでは、充電制御による新技術も見事に半減ですからね〜 
       く(^v^A

      そこで、国内カーバッテリーのトップシェアを持つ「GSユアサ」が、充電制
      御車の技術を最大限まで引き出す「エコ・バッテリー」を開発しました ^^)/

       ※ 参照 ・・・ 【 GSユアサ 】ECO・R カーバッテリー

      正に燃費向上の効果があるバッテリーなんですね〜 ^^
      ちなみに、「GSユアサ」は世界でもNo,2のシェアを持つ大手企業です。

      この事からも、バッテリーが燃費へ影響を及ぼす事は明らか。

      ちなみに・・・、
      充電制御車でなくとも、バッテリーを充電するための制御技術は従来から
      存在します (バッテリーの充電が不足していると、エンジン回転数を上げ
      て充電量を増やそうとする制御など・・・)。

      古いバッテリーは早めに交換する・・・など、バッテリー(電源)を見直す事
      で、燃費が改善される事は十二分に納得〜 ^^)/
       ※ 参照 ・・・ 「バッテリーチェック



           燃費向上・ガソリン代節約 エコ塾 (HOMEへ戻る)

      
Copyright(c)2006 燃費向上・ガソリン代節約 エコ塾 All Rights Reserved.