カタログ燃費についての知識
     燃費向上・ガソリン代節約 エコ塾
 HOME > カタログ燃費について


                  カタログ燃費について


   新車のカタログを見ていると、必ずスペック詳細が記載されているのが燃費なので
   すが、実際にはカタログに記載されている燃費で走行する事は不可能に近いです。
   このカタログ上での燃費は、専用の検査場にて規定の擬似走行テストを行い、排出
   ガスのデーターによって算出される数値がカタログ燃費なのです。

   しかもテストの時には、低燃費走行のスペシャリストが擬似走行テストを行うわけで
   すから、燃費が良くて当たり前のはずです。

   ちなみに、カタログ燃費で表記されている「10モード」とは、市街地走行を想定した
   10パターンの走行テストの事で、「10・15モード」というのは、「10モード」×3回に
   高速道路や郊外などの高速走行を想定した15パターンの走行テストを追加した燃
   費数値です。

   どちらの走行テストパターンでも、「10モード」は40km/hまで、「15モード」は70km
   /hまでの一番燃費の良い車速スピードで計測テストを行いますので、燃費が良くて
   当たり前だと思います。

   



           燃費向上・ガソリン代節約 エコ塾 (HOMEへ戻る)

      
Copyright(c)2006 燃費向上・ガソリン代節約 エコ塾 All Rights Reserved.