燃費の計測方法についての知識
     燃費向上・ガソリン代節約 エコ塾
 HOME > 燃費の計測方法


                     燃費の計測方法


   燃費の計測方法について簡単な計測方法を説明しておきます。燃費は正確には燃
   料消費率と言い、1リッターの燃料で何km走る事が出来るのかを燃費と言います。

   一般的に多くの人が行っている燃費の計測方法は「満タン法」とも言われ、ガソリン
   スタンドでガソリンを満タンに給油する事から始まります。ガソリン満タン時にトリップ
   メーターをリセットして「0」にしておきます。そして次の給油まで運転をして給油ラン
   プが点いた所で再びガソリンを満タンに注ぎます。

   そして、満タンになった給油量(リットル)と現在のトリップメーター(km)をチェックし
   て、現在のトリップメーターの走行距離÷給油量(リットル)が燃料消費率(燃費)とな
   るわけです。より計測燃費の精度を高めるためには、出来るだけ同じ条件での走行
   を行い(通勤の往復だけとか)、満タン法での計測を数回行った平均値で算出すれ
   ば精度の高い燃費が計測できますよ〜。

   



           燃費向上・ガソリン代節約 エコ塾 (HOMEへ戻る)

      
Copyright(c)2006 燃費向上・ガソリン代節約 エコ塾 All Rights Reserved.