気温と燃費の関係についての知識
     燃費向上・ガソリン代節約 エコ塾
 HOME > 気温と燃費の関係


                    気温と燃費の関係


   一見、気温と燃費はあまり関係がなさそうにも見えますが、実は気温が暖かいほど
   燃費が良くなり、寒くなるほど燃費が悪くなる傾向にあります。
   つまり、冬よりも夏の方が燃費が良いと言う事になります(どちらも温度の上限下限
   はあると思いますが)。

   理論は色々と意見が分かれるようなのですが・・・、

      1.暖かいほど熱エネルギーへの変換が少なくて済むので、
        燃料によるエネルギー消費が少なくなる。

      2.冬場は寒くなるほど熱エネルギーのロスが大きくなり、
        それだけ燃料によるエネルギー消費も多くなるので、
        結果、燃費が悪くなる傾向にある。

      3.低温時にはバッテリーの能力が極端に低下するため、
        (蓄電能力が悪くなる)
        電力エネルギーを確保するために発電機の負荷が増え、
        結果、エンジンの負荷も増えてガソリンの消費量も増えてしまう。

      4.冷たい空気は空気密度が濃くなり、
        その濃いい空気密度が空気抵抗の増大へつながり、
        その結果、燃費が悪くなってしまう傾向にある。

   ・・・といった意見や持論があります ^^

   余談ですが・・・、
   冬場の始動時のエネルギーの無駄使いを減らす手段として、放射冷却が強くなりそ
   うな夜間はボンネットに毛布を掛けておいたり、車庫駐車しておくだけでエネルギー
   の無駄使いを減らす事が出来るそうです(エンジンを冷やしすぎない)。

   気温が寒くなるとエンジンへの酸素吸入が増えて燃焼効率が向上し(気温が熱くなる
   と空気が膨張するので、同じ体積の空気中に含まれる酸素の量が減る)、エンジン
   パワーをフルに発揮でき、燃焼効率の向上により燃費向上が期待出来そうなので
   すが、

   その他の要因の方が より強い影響を与えているんですね・・・
   ( 参考(マイブログより))

   尚、私の考えるこれら効率の改善方法については〜
   また後日か ブログからにでも。



           燃費向上・ガソリン代節約 エコ塾 (HOMEへ戻る)

      
Copyright(c)2006 燃費向上・ガソリン代節約 エコ塾 All Rights Reserved.